ジェフ・ベックのフュージョン期 Part 1 — ギター・ヒーローの自己再開発

1974年にジェフ・ベックの金字塔ともいえるアルバム『Blow by Blow』がリリースされたとき、誰もが衝撃を受けました。そしてロックとジャズのギター・プレイの概念は完全に書き換えられたのです。

サラ・リプステイト — シネマティックなサウンドスケープを生みだすギター、ボウ、そして豊富なペダル・コレクション

“ノヴェラー”のソロ名義でも、イギー・ポップとのコラボレーションでも、サラ・リプステイトはきらめくサウンドの雄大な波を巻き起こしています。(無償プリセット付き)

ジェフ・シュローダー:アンビエント・サウンド Pt. 1 — “フリッパートロニクス”

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェフ・シュローダーが、ギターでの環境音楽作成についての見識とともに、彼が作成したHelix プリセット“Frippertronics”を解説します。(無償プリセット付き)

ジミ・ヘンドリックスがギターを覚えるまで Pt. 3 — 「史上最も野心的なプレーヤー」になるまで

ジミ・ヘンドリックスは世界を席巻しましたが、彼はどのようにしてギターを弾くようになったのでしょうか。この3部構成の長編記事で、伝説的なギタリストの起源をたどります。

ジミ・ヘンドリックスがギターを覚えるまで Pt. 2 — シアトルでのバンド活動、ベティ・ジーン、そしてブルース

ジミ・ヘンドリックスは世界を席巻しましたが、彼はどのようにしてギターを弾くようになったのでしょうか。この3部構成の長編記事で、伝説的なギタリストの起源をたどります。

ジミ・ヘンドリックスがギターを覚えるまで Pt. 1 — 幼少期の音楽体験、そして初めてのギター

ジミ・ヘンドリックスは世界を席巻しましたが、彼はどのようにしてギターを弾くようになったのでしょうか。この3部構成の長編記事で、伝説的なギタリストの起源をたどります。

ポール・リチャーズ – ギタークラフト、シェパードトーン、そして“Echoes”

カリフォルニア・ギター・トリオのギタリストが、ロバート・フリップとの活動、そしてアコースティック・ギターでエフェクトを使用し、ピンク・フロイドの“Echoes”をどのようにカバーしているのかを詳しく語ってくれました。(“Echoes”で使用されている無償プリセット付き)

Helixのアンプに備わっているサグ、バイアス、バイアス・エクスカージョン設定の活用

これらの重要な真空管アンプのパラメーターをよりよく理解し、Helix/HXトーンの作成スキルに磨きをかけましょう。

キャロル・ハッツィンガー — レコーディング業界に革命をもたらしたシニアディレクター

“Women’s History Month(女性史月間)”に合わせ、業界に革命を起こしたADATレコーダーの設計に貢献し、現在はヤマハ・ギター・グループでプロジェクト・マネージメントのシニアディレクターを務めるキャロル・ハッツィンガーにスポットライトを当てます。

ロニー・ジョンソン — 史上最も影響力を持ったブルース・ギタリスト

ベテラン作家/ジャーナリスト、ジャス・オブレヒトが、“黒人歴史月間(Black History Month)”にちなんで、強い影響力を持ちながらも音楽史から見落とされがちなジャズ&ブルースの名手、ロニー・ジョンソンについて詳しく語ります。

ジュリアン・ベイカー — HX Effectsを巧みに操るインディーロック界のきらめくリバーブ・クイーン

シンガーソングライター/キーボーディスト/ギタリストとして活躍するジュリアン・ベイカーが、ペダルとループをライブで駆使して、歌で表現するのと同じくらい巧みにサウンドメイクする方法を語ります。

アートロックのジェダイマスター、リーヴス・ガブレルスの真の姿・・・ 実はブルース・ロッカー?

デヴィッド・ボウイの伝説的なバンドで活躍し、現在はザ・キュアーのギタリストを務めるリーヴス・ガブレルスに、彼独特のトーンやエフェクト、ワーミーバーを用いたテクニック、Helixの活用法から影響を受けたアーティストまでジェームズ・ボルペ・ロトンディが詳しく話を聞きました。

ロックの黄金期に脚光を浴びることのなかったイギリスのギター・アンプたち

50年代から70年代にかけ、イギリスで優秀なアンプを製造していたメーカーは数多く存在します。その中でも特に注目すべき4社のアンプの特徴を、デイブ・ハンターがご紹介します。

ジェフ・シュローダーが語る ディストーションの前段にディレイやリバーブを配置するメリット(無償プリセット付き)

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェフ・シュローダーが、定番とは異なる手法を用いたシグナルチェーンを採用した3種類のHelixプリセットを、Model Citizens2周年の節目に提供してくれました。

レコーディング界に革命をもたらしたジョー・ミーク

世界的なヒット曲“Telstar”を生み出し、また新たなレコーディング技法を編み出し業界に革命をもたらした奇才が、今日のプロデューサーやエンジニアたちにどれほどの影響を与えているか、バリー・クリーブランドが詳しく解説します。

トーン作成の基礎となる出力管の知識

アンプ・モデルの選択や調整を行う場合でも、出力管がいかにトーンを左右する重要なパーツであるかを、主な出力管の特性の解説を交えデイヴ・ハンターが詳しく語ります。

ジャッコ・ジャクジク — クリムゾン・キングの宮殿で活躍するHelix

キング・クリムゾンのギタリスト兼ヴォーカリストが、主に使用しているHelix、彼の最新アルバム、ロバート・フリップとの楽曲制作などについて詳しく語ってくれました。(キング・クリムゾンで使用している3種類の無償プリセット付き)

チャド・ボストン — ギア・マニアが集う安住の地に宿る「ファミリー精神」

マイケル・モレンダが、成長し続けるHelix Family Facebookグループの驚くべき成功の裏側を、グループ共同設立者であるチャド・ボストンに詳しく聞きました。

ジェフ・シュローダーが語る 音から得るインスピレーションとHelixマルチモジュレーション・プリセット(無償ダウンロード)

スマッシング・パンプキンズ/ナイト・ドリーマーのギタリスト、ジェフ・シュローダーが、自身の作成したヴァイブ感溢れるポストパンク・スタイルのプリセットとそのオーディオ・サンプルをもとに、普段どのように音楽制作のアイデアを得ているかを解説します。

Not Guitar:マーカス・ロイターとトレイ・ガン — Helixが生み出すタッチ・ギターならではのトーンと音景

ギタリスト以外のLine 6のエフェクトを採用するインストゥルメンタリスト達をご紹介する“Not Guitar”シリーズ。今回は非凡なプログレッシブ・ロックのアーティストふたりが、どのようにHelixでサウンドメイクしているか詳しく話を伺いました。(ロイターによるHelix無償プリセット付き)

ポール・フロイデンバーグ:ヴァイナルのあるライフスタイルについての物語

ヴァイナル愛好家ですか?あなただけではありません。これはヴァイナルへの回帰、そしてヴァイナルのあるライフスタイルについての物語です。

Not Guitar: ポール・ハンソンとテオ・トラビス — Line 6 エフェクトをアートに取り入れる木管楽器奏者たち

ギタリスト以外のLine 6のエフェクトを採用するインストゥルメンタリスト達をご紹介する“Not Guitar”シリーズ。今回ご登場するのは、二名の木管楽器の名プレーヤーです。

Not Guitar: ティナ・グオ&リサ・モリナロ — ストリングスをLine 6エフェクトでロックに響かせる

ヴィオラにファズ?チェロでヘビー・メタル?常識に捕らわれない革新的なふたりのストリング・プレイヤーをご紹介します。(ティナによるHelix無償プリセット付き)

スーパー・プロデューサー、ブッチ・ヴィグがHelixで生み出すガービッジの珠玉(無償プリセット付き)

ガービッジでどのようにHelixを活用しているのかについて、バンドのプロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリストと、彼のパートナーであるエンジニア/ミキサーのビリー・ブッシュにジェームズ・ロトンディが詳しく話を聞きました。

ホーム・レコーディングが楽しめるようになった3つの法則

ロックダウンをきっかけに、障害となるものを認識して乗り越え、それと同時に心の平穏を育むことになった経験を、ジュリアン・ウォードが語ります。

多くのファンを獲得するためのマーケティング戦略

今現在取っているマーケティング・アプローチが上手く機能していなければ、キャリア構築の戦略と戦術が時代にマッチしていない可能性があるかもしれません。

ビル・ケリハー — マストドンのギタリストがHelixで作り出すヘビーなリフ(無償プリセット付き)

マンモス級の迫力を生むリフの達人が、その魅力的なHelixのトーンをどのように生み出しているのか、バリー・クリーブランドに語ります。

ドクター・モリ―・ミラー:女性ギタリストのパイオニア達

ドクター・モリー・ミラーが“Women’s History Month(女性史月間)”に合わせ、メンフィス・ミニー、メイベル・カーター、シスター・ロゼッタ・サープ、3人の女性にスポットライトを当て、アメリカの音楽とギターの歴史を振り返ります。

Helixを手にした“ネアンデルタール人” — ブッチ・ウォーカーの怪物的トリックの数々

ジェームズ・ロトンディが、著名なギタリスト/プロデューサー/ソングライター/パフォーマーからトーンの作り方、テクニカルなトリック、さらには靴のサイズまで詳しく話を伺いました。

名なギター・プレーヤーから話を聞きました。またその歴史に翻弄され、正当な評価を得ることのなかった優れたアーティストたちにもスポットライトを当てます。

ヴァーノン・リードによるロックと人種、およびその歴史に関する考察

ジョー・ゴアが、ロックミュージックの背景にある人種差別的な歴史をどう考えるかについて、著名なギター・プレーヤーから話を聞きました。またその歴史に翻弄され、正当な評価を得ることのなかった優れたアーティストたちにもスポットライトを当てます。

ダン・ボウル – ロックダウンで気付いたHelix Nativeの実力

Helix Nativeに秘められた可能性を再認識した真空管アンプの第一人者が、彼のホーム・スタジオをさらにパワーアップさせ、彼が知る業界のプロ達にも、このプラグインがいかにパワフルか納得させることに成功しました。

“ファズの神” スコット・ホリデーが足を踏み入れたHelixの世界

音作りに精通していることで知られるライヴァル・サンズのギタリストが、彼のライブパフォーマンス用の“リグB”の中核としてHelix Floorを採用した理由とその活用方法を、ジェームズ・ロトンディに語ります。

レス・ポールが生み出した驚異的 “ニュー・サウンド”

先見の明を持ったギタリストとその革新的なレコーディング作品を生み出す背後にあった並外れたテクニックを、バリー・クリーブランドが詳しく語ります。

ジェフ・シュローダーが夢見るアンプ

スマッシング・パンプキンズ/ナイト・ドリーマーのギタリスト、ジェフ・シュローダーが、“夢”のマルチチャンネル・アンプとエフェクトを組み合わせた4つのHelixプリセットを紹介します。

アラン・ホールズワースが生みの親 – Yamaha UD-Stompディレイ・ペダル ストーリー

伝説的なギタリスト、アラン・ホールズワース(1946-2017)は、かつて使用していた8台のラック・ディレイを、1台にまとめたペダルの開発をヤマハと共同で行ったストーリーを明かしてくれていました。

モデラーの担い手 — エリック・クラインが語るHelix 3.0

Helixのマスターマインドであるエリック・クラインが、Helix 3.0の注目ポイントや個人的にお気に入りの点について、ベテラン・ジャーナリストであり、Helixオタクでもあるジョー・ゴアに語ります。

ミックスをダメにする5つの方法

マイケル・モレンダが、ホーム・レコーディングをダメにする5つの理由、そしてよくに陥りがちな落とし穴を回避するための指針を紹介します。

マイケル・バインホーンが作り出す“巨大なギター・サウンドの壁”

プロデューサーとして活躍するマイケル・バインホーン(サウンドガーデン、オジー・オズボーン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、エアロスミス、コーン、ホール)が、自身のギターレコーディング・テクニックについて語ります。

リアンプとは?そしてその利点とは?

ベーシストでもありレコーディング・エンジニアでもあるジョナサン・ヘレーラが、トーンを際限なく創り出す力を持つリアンプの利点について語ります。

ジェフ・シュローダーがHelixで作るシューゲイザー・トーン

ジェフ・シュローダー(スマッシング・パンプキンズ/ナイト・ドリーマー)が、オーディオ・サンプルと無償ダウンロードできるHelixのプリセットを使いながら、シューゲイザーのギタートーンの作り方を手引きします。

メアリー・ハルヴァーソンのDL4タイムワープ術

高い評価を得ているニューヨークのジャズ/インプロビゼーション・ギタリストに、どのようにDL4ディレイ・ペダルを活用し独自のスタイルを確立したか、バリー・クリーブランドが話を聞きました。

私がライブで真空管アンプを使うのをやめた理由

真空管アンプの熱狂的な愛好家だったジュリアン・ウォードが、Helix RackとPowercab 112 Plusを組み合わせたセットアップによりもたらされた、もう元には戻れないパラダイムシフト経験について語ります。

実際にそのアンプの音を聴けることはないという事実

お気に入りのアルバムのギター・サウンドをどうやったら再現できるかお悩みですか?なぜ特定のサウンドの再現がそんなに難しいのか、チューブ・アンプの達人、ダン・ボウルが解説します。

ビル・フリゼール — ルーパーとその使い方

ライブ・パフォーマンスにおけるルーピングとはどんな存在であるか、またその使い方や魅力について、バリー・クリーブランドが重鎮ギタリストのビル・フリゼールに話を聞きました。

アナログの超越

デジタル・モデリングの領域で、アナログの世界での従来のシグナル・フローのルールを無視するとどんなことが起きるか、ジョー・ゴアが実験を行いました。

有益な実験 – オーバードライブをスタックしてみる

マイケル・ロスは、オーバードライブ、ファズ、その他のディストーション・ペダルを組み合わせることで、まったく新しいゲインの世界を切り開き、魅力的なギター・サウンド作りをしています。

動画:トム・サルタ – Helix Nativeでゲーム音楽を制作

多くの受賞経験を持つゲーム音楽のコンポーザー、トム・サルタが、『ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド』を始めとするメジャーなゲームのスコアを、どのようにHelix Nativeのギター/エフェクト・プラグインを使い作成しているか語ってくれました。

ナッシュビルの知られざる秘密 – カントリー・ミュージックの先人達のファズ

ローリング・ストーンズが「Satisfaction」を録音する以前から、ファズ・ギターのサウンドは1970年代後半までカントリー・ギターにおける重要な要素であったとクリス・ギルは語ります。

ステレオの世界

ジェファーソン・スターシップのギタリスト、ジュード・ゴールドが、ステレオ・サウンドの魅力、そしてステレオでプレイする際のお勧めのセットアップや注意点について語ってくれました。

”デジタル・ディバイド” を越える — 二者択一からの解放

ブティック・アンプのビルダーであるダン・ボウルは真空管アンプをこよなく愛していますが、モデリング・アンプにも造詣が深くその可能性を高く評価しています。選択肢がアナログの真空管アンプとデジタル・モデリング・アンプの間の二者択一である必要性がない理由を語ってくれました。

マット・スキャンネル – HX Effectsを4ケーブル・メソッドで活用するライブ・リグ

マット・スキャンネルが、HX Effectsが4ケーブル・メソッドを使ったライブ・リグ内でどのように機能し、ストンプボックスの原体験を呼び戻させているかを語ってくれました。

Helix “スナップショット”に秘められたパワー

スナップショットは、Helixで最もパワフルでありながらフル活用されていない機能の1つです。 サウンドクリップやダウンロード可能なサンプルを使い、ジョー・ゴアがその正体を分かりやすく解説します。

スピーカー・キャビネットIR ビギナーズ・ガイド

スピーカー・キャビネットのインパルス・レスポンスは非常に人気が高く広く愛用されていますが、どのように活用すればモデラーで素晴らしいギター・トーンを作成できるのでしょうか?