メアリー・ハルヴァーソンのDL4タイムワープ術

高い評価を得ているニューヨークのジャズ/インプロビゼーション・ギタリストに、どのようにDL4ディレイ・ペダルを活用し独自のスタイルを確立したか、バリー・クリーブランドが話を聞きました。

私がライブで真空管アンプを使うのをやめた理由

真空管アンプの熱狂的な愛好家だったジュリアン・ウォードが、Helix RackとPowercab 112 Plusを組み合わせたセットアップによりもたらされた、もう元には戻れないパラダイムシフト経験について語ります。

実際にそのアンプの音を聴けることはないという事実

お気に入りのアルバムのギター・サウンドをどうやったら再現できるかお悩みですか?なぜ特定のサウンドの再現がそんなに難しいのか、チューブ・アンプの達人、ダン・ボウルが解説します。

ビル・フリゼール — ルーパーとその使い方

ライブ・パフォーマンスにおけるルーピングとはどんな存在であるか、またその使い方や魅力について、バリー・クリーブランドが重鎮ギタリストのビル・フリゼールに話を聞きました。

アナログの超越

デジタル・モデリングの領域で、アナログの世界での従来のシグナル・フローのルールを無視するとどんなことが起きるか、ジョー・ゴアが実験を行いました。

有益な実験 – オーバードライブをスタックしてみる

マイケル・ロスは、オーバードライブ、ファズ、その他のディストーション・ペダルを組み合わせることで、まったく新しいゲインの世界を切り開き、魅力的なギター・サウンド作りをしています。

動画:トム・サルタ – Helix Nativeでゲーム音楽を制作

多くの受賞経験を持つゲーム音楽のコンポーザー、トム・サルタが、『ウルフェンシュタイン: ヤングブラッド』を始めとするメジャーなゲームのスコアを、どのようにHelix Nativeのギター/エフェクト・プラグインを使い作成しているか語ってくれました。

ナッシュビルの知られざる秘密 – カントリー・ミュージックの先人達のファズ

ローリング・ストーンズが「Satisfaction」を録音する以前から、ファズ・ギターのサウンドは1970年代後半までカントリー・ギターにおける重要な要素であったとクリス・ギルは語ります。

ステレオの世界

ジェファーソン・スターシップのギタリスト、ジュード・ゴールドが、ステレオ・サウンドの魅力、そしてステレオでプレイする際のお勧めのセットアップや注意点について語ってくれました。

”デジタル・ディバイド” を越える — 二者択一からの解放

ブティック・アンプのビルダーであるダン・ボウルは真空管アンプをこよなく愛していますが、モデリング・アンプにも造詣が深くその可能性を高く評価しています。選択肢がアナログの真空管アンプとデジタル・モデリング・アンプの間の二者択一である必要性がない理由を語ってくれました。

マット・スキャンネル – HX Effectsを4ケーブル・メソッドで活用するライブ・リグ

マット・スキャンネルが、HX Effectsが4ケーブル・メソッドを使ったライブ・リグ内でどのように機能し、ストンプボックスの原体験を呼び戻させているかを語ってくれました。

Helix “スナップショット”に秘められたパワー

スナップショットは、Helixで最もパワフルでありながらフル活用されていない機能の1つです。 サウンドクリップやダウンロード可能なサンプルを使い、ジョー・ゴアがその正体を分かりやすく解説します。

スピーカー・キャビネットIR ビギナーズ・ガイド

スピーカー・キャビネットのインパルス・レスポンスは非常に人気が高く広く愛用されていますが、どのように活用すればモデラーで素晴らしいギター・トーンを作成できるのでしょうか?

icon-arrow-up