Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close
jtv-us-main-visual
JAMES TYLER VARIAX US CUSTOMシリーズ

壁掛けに相応しい芸術的な作品


JTV-USは、パワフルなVariax® HDテクノロジーと最高クオリティのクラフツマンシップを提供。もっとも高い要求を掲げるミュージシャンのニーズにも応えられる、素晴らしい楽器に仕上がっています。全ての ギターが業界でも最高のスキルを持つ木工職人と塗装工、ビルダーにより製造されます。長い経験を持つ才能豊かなチームが、深い愛情とプライドを携えて ジェームス・タイラー氏のデザインへ生命を与えます。

jtv-us-img1

他に類を見ないテクノロジーとクラフツマンシップ


革新的なデザインが生み出す脅威の成果


James Tyler Variax US Custom Seriesのボディとネックを製造するに際して、木工チームはコンピューターを用いた製図&マシニング (CNC) テクノロジーを組み合わせることで一貫性と秀逸なイントネーションを、また熟練のハンドクラフツマンシップにより素晴らしいフィールを提供しています。こ のギター独自のエレクトロニクス・パッケージをインストールするには革新的なアプローチが必要となるので、チームはCNCマシンの能力を補完するよう新し いツールと方法を開発しました。この大幅にカスタマイズされたプロセスには、一般的なギターと比較するとずっと長い時間が必要となります。

» 詳しく読む

US Custom Seriesチームは米国の様々なサプライヤーから入手した楽器グレードのハードウッドを使用しています。また北カリフォルニアの太平洋岸にある密集した 森林地帯、ハンボルト郡にある木場のハードウッドからもハンドセレクトを行っています。ネックとボディに最適な木材を選択した後に製材し、温度と湿度がコ ントロールされた特別な空間で、最適な状態になるよう乾燥させ休ませます。反りや捩れの少ない柾目取りの木材で作るネックの場合は、この作業に最低1カ月 はかけることで、長年に渡るて安定性とプレイアビリティが確保できます。

ネック材の準備ができたらCNCマシンを使って最初の処理を行った後、トランスロッドをインストールして指板を接着します。その後、ネックは温度と 湿度のコントロールされた特別な空間に戻され、2日間は休ませます。その後、ネックの周囲と裏側のシェイプなど、CNCプロセスの最後のステップを実行。 削られたネックは2日間休ませた後、指板のレベル調整、フレットの取り付けが行われます。

こうして時間をかけて処理することで、素晴らしい成果が得られます。たとえば指板スロットは1,000分の1インチ以下の許容範囲を実現。各スケールの長さは非常に高精度であり、ハンドカットされた指板より遥かに優れたイントネーションとなります。

もちろんワールドクラスのギターの特長である素晴らしい手触りを生み出すには、熟練した職人の腕が必要なステップも数多く存在します。フレット打ち はひとつずつ手作業で行われ、指板のエッジも手作業で丸められることで素晴らしい感触を実現。ボディとネックは手作業で研磨され、測定や検査、評価も注意 深く行われています。
JTV US Custom

思わず振り返るようなギター

恒久的な美しさと耐久性


James Tyler Variax US Custom Seriesのギターは何十年もかけて完成されたテクニックを活用して塗装されているため、どのギターもサウンド同様に美しい仕上がりが実現しています。 研磨の品質や表面の平滑度、木材のシェイプ通りに丸められたカーブなどは全ステップで検査が行われます。
塗装の工程が始まる前に、ギター・ボディの木目が評価され、各フィニッシュに最適なものが手選別されます。選択後、塗装工は下地塗料の塗布と下塗り を行い、その後は7日間乾燥させます。完全にフラットになるように研磨された後、塗料はできるだけ少量が使われることで、下地とトップコートの硬さが維持 します。その後でトップコートが塗られ、7日間置かれた後に最後の研磨やレベリングが行われます。

jtv-us-img3

極限を追求


究極の演奏体験


James Tyler Variax US Custom Seriesギターは、各ギターのトーンの可能性をフルに引き出し、素晴らしいフィールとプレイアビリティを提供できるよう、複数のステップによるセット アップ・プロセスを経て組み立てられています。US Custom Seriesチームは、業界標準の品質保証を踏まえて独自のガイドラインを作り、フレットワークやフィニッシュからエレクトロニクス、セットアップに至る まで、あらゆる部分で顧客の期待に応え、それを上回るようにしています。大抵のギターはここまでですが、US Custom Seriesチームには、さらに重要なステップがあります。彼らは全てのギターを、時間をかけて実際に演奏するのです。トレモロやチョーキングを試し、エ レクトロニクスのテストを行うことで、各ギターが究極の演奏体験を提供することを確認しています。

jtv-us-img4

“ザ・マスター”との遭遇


ジェームス・タイラー氏について


James Tyler Guitarsの創設者にしてマスター・ルシアーのジェームス・タイラー氏は、プロギタリストやギター愛好家のもとへ素晴らしいトーンを届けてきました。 若くしてギターに魅力されたジェームス・タイラー氏は1980年、カリフォルニア州レセダに最初のリペアショップをオープンすると、マイケル・ランドウや ニール・スチューベンハウス、バズ・フェイトンら、著名なファンを多数獲得しました。その後、非常にクリエイティブなギターやベースのコレクションと、そ の強烈なフィニッシュ、賞賛されるピックアップなどでアーティスト達から信奉されることになります。その全てのプロジェクトが、素晴らしいトーンを生み出 す完璧なギターとエレクトロニクスのパッケージに対する、彼の生涯を通じた追求を反映するものであり、James Tyler® Variax®ギターを生み出すにも理想的なパートナーとなりました。

icon-arrow-up