Helix Expert Report

石橋楽器横浜店 渡邉省吾

「ベースとHelix、あとはケーブルがあれば、ベーシストの悩みはすべて解決します」

2019.12.24

Ishibashi nakajima main

豊富なLM楽器の品揃えで横浜の音楽・楽器好きに支持されている石橋楽器横浜店。ここには2名のHelix Expertが在籍している。今回紹介する渡邉省吾さんは、自らベーシストとしてHX Effectsを愛用し、数多くのライブやサポートを行ってきたという経歴の持ち主。Helix Expertとなった2019年夏以降、特にベーシストに自信を持ってHelixを勧めたいと語る。



【店舗情報】
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-17-1 相鉄南幸第7ビル 2F、3F
TEL: 045-311-1484
WEB: https://www.ishibashi.co.jp/store/yokohama.html


Helixはベーシストこそ積極的に使うべき機材

──ご自身でもHX Effectsを導入いただいているようですが、Helix/HXシリーズに興味を持たれた経緯は?
Helixを知ったのは楽器店勤務を始めた2016年頃でして、正直なところ、最初は展示してあったHelixを見て、なんだろう?という感じでした。自分は学生時代にベーシストとして活動し、音楽専門学校のベース・プレイヤー科に通っていたのですが、この横浜店で働き始めてからはベースだけでなく、フロアで扱う製品全般についての知識を深める必要がありました。その中で、Helixは僕でもすぐに使えるというか、当時の拙い知識でもペダルを並べる感覚で音作りができ、しかもサウンド・クオリティが非常に高いということを知って驚きました。その後、HX Effectsが登場してすぐに購入し、サポートでベースを弾くときなどに愛用しています。

──ベーシスト目線で見たHelixはどんな印象ですか?
むしろベーシストこそ積極的に使うべき機材だなという印象です。とにかく音がいいですし、搭載されているエフェクト・モデルもギター用、ベース用のものがありますが実際には垣根がなく、どれをベーシストが使っても十分なサウンドとレンジ感が得られます。僕自身、HX Effectsを使うときにはあえてギター用のエフェクト・モデルを使っていて、それで面白い効果が得られています。ここ横浜店に来店されるお客様の中で、Helixの導入を考えている方の割合は、あくまで感覚的なものですが、ギタリスト:ベーシストが五分五分という感じです。ですから、ベーシストのお客様がいらっしゃったときには、自分の体験も含めて、自信を持ってHelixをお勧めしています。

エキスパートになってなお、Helixに触れるたびにワクワクします

──Helix Expertとして接客する上で、気をつけていることはありますか?
僕がHelix Expertになったのは2019年9月ですのでまだ日が浅いんですけど、だからこそお客様と一緒になってHelixの魅力を紐解いていきたいという思いが強いです。エキスパートになってなお、Helixに触れるたびに今でもこんなにワクワクするなんて思ってもいませんでした。この感覚はぜひお客様にも伝えたいですね。
お客様の中には、Helixを大きなマルチエフェクターだと思っている方もいるんですよ。それも間違いではないんですが、そういった方にはまずエフェクト・モデルの音の良さを体感してもらった上で、実はすごい種類のアンプ・モデルがあって、その組み合わせでこんなに良い音が作れるということをご説明しながら、目の前で一緒に音を作っていきます。アンプで悩んでいるベーシストって、実は多いんですよ。最近はコンパクトなベース・アンプも増えましたが、もう少しパワーがほしい。けれども大きなものは運べない。ライブハウスの常設アンプはへたっている……そういう悩みを持つ方にHelixのアンプ・モデルの音をチェックしていただくと「ああ、これはただのマルチじゃないな」と。「ベースとHelix、あとはケーブルだけで、悩みはすべて解決しますよ」とお伝えすると、「それでこの値段は安すぎる!」と驚かれるお客様も多いですね。

──Helixに集約するメリットを把握いただけるわけですね。
はい。Helixは決して安価ではありませんが、僕自身もこのサウンド、この使いやすさ、この機能を考えるとかなり安いと思います。お客様に知っていただきたいのは、Helixにはできないことがないということ。あとはお客様がどのように使いたいかによって、FloorやRackが良かったり、LTだったり、もしくはHX Stompが良かったり、僕のようにHX Effectsが合うという方もいると思います。大切なのは、お客様が求めるものはHelix/HXファミリー製品の中に必ずあるということです。それを丁寧に伝えていきたいですね。



【Helix Expert Profile】
渡邉省吾(わたなべ しょうご)
ベースを始めたのは中学1年のときで、当時はモンゴル800やエルレガーデンの楽曲を好んで演奏していた。音楽専門学校へ進学後は自らのバンドで精力的にライブ活動を行う。2016年に石橋楽器横浜店に入店し、Helix Expert認定は2019年夏。現在は、Helixの接客をしているとお客様との距離が縮まるのが楽しいと語る、中国語も堪能という若きエキスパート。

原稿協力:井戸沼尚也
写真:星野俊

« 記事一覧に戻る
icon-arrow-up