Helix Expert Report

石橋楽器心斎橋店 原田真充

「Helix Expertになって以降、来店して指名してくださる方が増えました」

2019.10.24

Ishibashi harada main

大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩3分。大阪の文化的中心街であり、多数の楽器店やライブハウスがひしめき合う心斎橋アメリカ村のど真ん中にあるのが、LM楽器の専門ショップ、石橋楽器心斎橋店だ。同店には2名のHelix Expertが在籍している。そのひとり、原田真充さんはエレキギター部門全般を担当しつつ、Helix Expertならではの豊富な知識と柔らかな対応で、Helixの普及・販売に尽力している。



【店舗情報】
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-13 AH御堂清水町ビル1F/2F
WEB: https://www.ishibashi.co.jp/store/shinsaibashi.html
TEL: 06-6241-1484


PODでも十分でしたがHelixはさらに進化しています

──最初にHelixに触れた時の印象を教えてください。
最初は、僕自身も扱いが難しいものなのかな?と思っていたんです。ところがHelixのことをよく知るに従い、かなり複雑なことでも簡単にできますし、イメージしているサウンドの組み合わせや切り替えもスムーズにできるとわかりました。ペダルも一体型ですべてがこれ1台で完結できますし、その場ですぐにエディットできるのも「現場主義」という感じで良いと思いました。
サウンド的にも、僕はPODでも十分に良い音だと感じていたんですが、Helixは大音量を出した時によりナチュラルな感じをダイレクトに出せて、さらに進化したんだなと感じました。

──Helix Expertの研修や認定テストを経て、Helixについての印象の変化は?
自分が研修を受けたのは、ちょうどスナップショット機能がファームウェア・アップデートで追加された頃でした。それを含めてHelixがいかに魅力的なプロセッサーかをより深く理解できましたし、スナップショットのような推しポイントと、その使いこなし方を教えてもらえたので、お客様に機能紹介する際にもすごく役立ちましたね。

Helixの簡単さをうまく伝えていきたい

──Helixを案内する際に最初に伝えることは?
まずは「めちゃくちゃ取り扱いが簡単なプロセッサーです」ということですね。お客様の中には、ギタープロセッサーはなんとなく難しそうだけど、情報をよく目にしたり評判が良くなってきたので気になって見に来たという方が多いんです。そういう方にまずは触っていただいて、いかに操作が簡単かをご案内します。「どんなことをしたいんですか?」と伺って、用途が把握できたら目の前で実演します。そうすると、数あるギタープロセッサーの中でHelixが圧倒的に簡単だということをわかっていただけますね。
予算の面からLTとFloorで迷う方も多いんですが、他にもペダルをたくさん持っていて併用したいという方はセンド/リターンの数が多いFloorの方が良いですし、拡張性を検討事項にされている方にもFloorをお勧めしています。ファミリー製品であるHX Stompの認知が広まるにつれ、プロセッサー初心者の方も来店されますが、足元のスイッチの数もチェーンに置けるブロックの数も違いますから、踏み込んだこともしたい方にはやはりFloorをご案内しています。

──初心者の方も安心して、ゆっくり試奏できる環境があるのは魅力的ですね。
はい、すぐに音出しやファミリー製品を比較できる環境を整えています。Helix Expertになってからは指名してきてくれる人も増えたんですよ。これもLine 6のウェブサイトで紹介いただいているおかげですね。お店まで足を運んでくれる方の期待に応え、これからもExpertの名に恥じないような対応をしていきたいと思います。



【Helix Expert Profile】
原田真充(はらだ まさみつ)
2008年に石橋楽器店に入社。現在は心斎橋店のエレキギター部門全般の販売管理を担当する。中学生の頃からエレキギターに親しみ、「ギターの音は歪んでなんぼ」という考えで、ハードな音色を好む。マルチエフェクト、ギタープロセッサーへの興味はギターを始めた当初から持っており、POD HD500Xを長らく愛用してきた。

原稿協力:井戸沼尚也
写真:センキャメ

« 記事一覧に戻る
icon-arrow-up