Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

RELAY G10

プラグアンドプレイ・デジタル・ギターワイヤレス・システム

g10-main-visual
史上最も簡単なギター・ワイヤレス・システム

ワイヤレスの自由度、ケーブル同様のシンプルさ


ギター・プレイはシンプルであるべきです。繋いですぐに演奏できることが理想です。ですからRelay® G10は、ギターケーブルを使うのと同様に簡単に操作できるようデザインされています。最高のサウンド・クオリティ、安定したパフォーマンス、デジタルワイヤレスの自由度を、世界で最も簡単でコンパクトなこのワイヤレス・システムで同時に手に入れることができます。

g10-img1

シンプルで直感的なデザイン


プラグインして、演奏をスタートするだけ


ワイヤレスのギター・システムと言えば使い方が複雑なものでしたが、それはもう一昔前のことです。Relay G10は、非常にシンプルで直感的にデザインされており、セットアップも簡単です。1/4” トランスミッターをプラグインするだけで、レシーバーが自動的に最適なチャンネルを選択し、ロックします。またG10は、ほとんどのタイプのギターに対応しているため、ギターの持ち替えも瞬時に行えます。さらには、XLR1/4”出力が別に備わっているため、出力も自由に選択可能です。複雑なメニューや面倒なセットアップは必要ありません。

g10-img2

充電も簡単


いつでもショーを続けられるように


ワイヤレス・システムは高価な外部バッテリーやかさばるチャージャーが必要なものが多いですが、Relay G10は違います。充電式のトランスミッターは、最長8時間の電池寿命を確保できます。またG10は、演奏していないときにはスリープモードになり、バッテリー寿命を最長200時間まで保ちます。充電はレシーバーにトランスミッターをドックさせるだけでOK。これ以上のシンプルさはないでしょう。

g10-img3

スマートな機能


革新的なテクノロジーを多数搭載


Relay G10は最高のパフォーマンスを実現するためのスマートな機能が多く搭載されています。ケーブルトーン・テクノロジーにより、ギターケーブル特有のキャラクターとフィーリングを再現可能です。トランスミッターが完全に接続されるとシステムは自動的にアクティブになり、ギターを繋いだときの耳障りなポップノイズとは無縁です。そしてレシーバーが点灯し、トランスミッターとの接続とバッテリーの状態が簡単に確認できます。

g10t

ギター・ワイヤレス・トランスミッター


ケーブルは忘れてSpider Vをワイヤレス*に


Spider VとRelay® G10Tワイヤレス・トランスミッターがあれば、かつてないほど手軽にワイヤレスでのパフォーマンスを可能にします。G10TはSpider V 60/120/240に内蔵されたワイヤレス・レシーバーに対応しており、アンプからトランスミッターを外し、ギターに挿しこむだけで演奏を始められます。G10Tはアンプのインプットジャックに挿すだけで充電できます。1回の充電で最長8時間の駆動が可能で、スリープモードではバッテリー寿命を最長200時間まで保ちます。オプションのRelay G10T用USB Charging Cableを使えば、USBから充電ができ更に便利です。この充電用ケーブルは一般的なUSBポートに接続できるため、どこにいてもG10Tの充電に困ることはほとんどないでしょう。Relay G10Tは、システムとして販売されているRelay G10のレシーバーにも対応しています。

Relay G10を動画でチェック

新製品『Relay G10』をLine 6のショーン・ハリーが詳しく(?)解説。

Relayシリーズ その他の動画はこちら (YouTube)

*Relay G10のトランスミッターは、ほとんどのパッシブ及びアクティブの楽器に備わっている一般的な1/4" 出力のジャックに対応しています。一般的な仕様と異なる形状や配線の施された1/4” 出力のジャックを搭載したギターの接続には1/4" モノ・アダプターが必要な場合があります。詳細はこちら
icon-arrow-up