Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

ARTIST

シュガー吉永(Buffalo Daughter)

sugar1 20周年を迎えたBuffalo Daughterのギタリスト、シュガーさんは以前から愛用しているDL4に加えて、最近はM9、さらにM5も使用中。それぞれの役割や使用するエフェクトについてコメントを頂きました。

「M9はルーパー専用で使っているDL4の直前に置いて、ビブラートやフェイザー、フランジャーなどのモジュレーション系を、曲に合わせて選んで使うことが多いんですけど、特にPitch Vibratoがお気に入りです。ファズとかディストーションを使うこともあります。コンプレッサーも気に入っているんですが、他に使っているエフェクターよりも前に置きたいんで、最近そのためにM5も導入しました。Boost Compをブースター的に使ったり、あとはVetta Compもよく使います。Line 6のMシリーズのエフェクターは、デジタルなのにアナログっぽい音なのが気に入っているし、コンパクトエフェクターの感覚で使えるけどツマミのセッティングを覚えてくれるので、曲によって切り替えられるのも便利ですね」。

使用機材

m9
M9 Stompbox Modeler
サウンドの無限の可能性を探訪
» 製品詳細
m9
M5 Stompbox Modeler
サウンドの無限の可能性を探訪
» 製品詳細
icon-arrow-up