Line 6 Japan

header-menu-button-sp-open header-menu-button-sp-close

ARTIST

和田アキラ(PRISM)

和田アキラ これまで僕は、ギターから出た信号をラインセレクターで分けて、1つはクリーンサウンド用のコンプ > ディレイ > コーラス系 > リバーブ > ステレオDI > PA、もう1つ歪系は、チューブアンプのゲインを上げてドライブさせた音 > ディレイ > リバーブ > ステレオパワーアンプ > スピーカー > マイクL/R > PA、と言う2系統のサウンドメイキングで、1977年から39年間やって来ましたが、Helixを使う事になった事でエフェクターの種類も格段に増えるし、アンプ+キャビネット、インパルス・レスポンス、センドリターン等可能性が無限大に広がります。

PRISMは2017年にデビュー40周年を迎え、アルバムも複数出す予定ですし、ライブでもHelixを使った新しい音を聴いてもらえると思うので、僕も期待しています。

使用機材

helix
Helix
新世代のギタープロセッサー
» 製品詳細
icon-arrow-up